世界の美術館

世界の美術館

18.9.06

アメリカの美術館

アメリカの美術館

カナダの美術館

カナダの美術館

マケドニア旧ユーゴスラビアの美術館

マケドニア旧ユーゴスラビアの美術館

リヒテンシュタインの美術館

リヒテンシュタインの美術館

モナコの美術館

モナコの美術館

ハンガリーの美術館

ハンガリーの美術館

ウクライナの美術館

ウクライナの美術館

ポーランドの美術館

ポーランドの美術館

チェコの美術館

チェコの美術館

スロバキアの美術館

スロバキアの美術館

アイルランドの美術館

アイルランドの美術館

イングランドの美術館

イングランドの美術館

スコットランドの美術館

スコットランドの美術館

デンマークの美術館

デンマークの美術館

スウェーデンの美術館

スウェーデンの美術館

ノルウェーの美術館

ノルウェーの美術館

フィンランドの美術館

フィンランドの美術館

オーストリアの美術館

オーストリアの美術館

ロシアの美術館

ロシアの美術館

トルコの美術館

トルコの美術館

スイスの美術館

スイスの美術館

エジプトの美術館

エジプトの美術館

ギリシャの美術館

ギリシャの美術館

オランダの美術館

オランダの美術館

ドイツの美術館

ドイツの美術館

スペインの美術館

スペインの美術館

イタリアの美術館

イタリアの美術館

22.4.06

フランスの美術館

フランス・パリ
ルーヴル美術館 Musee Du Louvre
http://www.louvre.fr/
フランス・パリ
オルセー美術館 Musee d'Orsay
http://www.musee-orsay.fr/
フランス・パリ
パリ国立近代美術館 National Museum of Modern Art Centre Georges Pompidou
http://www.cnac-gp.fr/
フランス・パリ
パリ市近代美術館 Musee d'art moderne de la ville de Paris
http://www.mam.paris.fr/
フランス・パリ
パリ国立装飾美術館 Musee des arts Decoratifs
http://www.ucad.fr/
フランス・パリ
オランジュリー美術館 Musee national de l'Orangerie
http://www.paris.org/Musees/Orange/
フランス・パリ
プティ・パレ美術館 Petit Palais Paris
http://www.petitpalais.paris.fr/
フランス・パリ
グランパレギャラリー Galeries nationales du Grand Palais
http://www.rmn.fr/galeriesnationalesdugrandpalais/
フランス・パリ
ギメ美術館 Musee national des Arts Asiatiques-Guimet
http://www.museeguimet.fr/
フランス・パリ
カルナヴァレ美術館 Musee Carnavalet
http://www.carnavalet.paris.fr/
フランス・パリ
ピカソ美術館 Musee Picasso
http://www.musee-picasso.fr/
フランス・パリ
マルモッタン・モネ美術館 Musee Marmottan Monet
http://www.marmottan.com/
フランス・パリ
ロダン美術館 Musee Rodin
http://www.musee-rodin.fr/
フランス・パリ
ギュスターヴ・モロー美術館 Musee Gustave Moreau
http://www.musee-moreau.fr/
フランス・パリ
マイヨール美術館 Musee Maillol
http://www.museemaillol.com/
フランス・パリ
ドラクロワ美術館 Musee national Eugene Delacroix
http://www.musee-delacroix.fr/
フランス・パリ
クリュニー美術館 Musee national du Moyen Age musee Cluny
http://www.musee-moyenage.fr/
フランス・シャンティイ
コンデ美術館 Musee Conde
http://www.chateaudechantilly.com/
フランス・サン・ジェルマン・アン・レー
モーリス・ドニ美術館 Musee departemental Maurice Denis-le Prieure
http://www.musee-mauricedenis.fr/
フランス・ヴェルサイユ
ヴェルサイユ宮殿美術館 Chateau de Versailles
http://www.chateauversailles.fr/
フランス・ランス
ランス美術館 Musee des Beaux Arts de Reims
http://www.ville-reims.fr/
フランス・ナンシー
ナンシー美術館 Musee des Beaux Arts de Nancy
http://www.ot-nancy.fr/
フランス・コルマール
ウンターリンデン美術館 Musee d'Unterlinden
http://www.musee-unterlinden.com/
フランス・オルナン
クールベ美術館 Musee departemental controle Gustave Courbet
http://www.musee-courbet.com/
フランス・リヨン
リヨン美術館 Musee des Beaux Arts de Lyon
http://www.lyon-france.com/
フランス・グルノーブル
グルノーブル市立美術館 Musee de Grenoble
http://www.museedegrenoble.fr/
フランス・ボルドー
ボルドー美術館 Musee des Beaux Arts de Bordeaux
http://www.culture.gouv.fr/culture/bordeaux/
フランス・バイヨンヌ
ボナ美術館 Musee Bonnat
http://www.musee-bonnat.com/
フランス・トゥルーズ
オーギュスタン美術館 Musee de Augustins
http://www.augustins.org/
フランス・アルビ
トゥルーズ・ロートレック美術館 Musee Toulouse-Lautrec
http://www.musee-toulouse-lautrec.com/
フランス・ニース
マティス美術館 Musee Matisse
http://www.musee-matisse-nice.org/
フランス・ニース
シャガール美術館 Musee national Message Biblique Marc Chagall
http://www.musee-chagall.fr/
世界の美術館
http://art.her.jp/museum/artmuseum.htm
美術館情報
http://blog.goo.ne.jp/mondemusee

21.4.06

ナショナル・ギャラリー

ロンドンのナショナルギャラリー〔The National Gallery, London〕は、イギリスでは大英博物館に次いで有名な美術館です。パリのルーヴル美術館オルセー美術館のように大きくはありませんが、中へ入ってみると、充実した作品の数々に驚きました。しかも、ナショナルギャラリーは入場料が無料なのです。ロンドンへ行ったら是非、足を運んでみてください。トラファルガー広場に面し、イタリア・ルネサンス、オランダ絵画などの充実したコレクションが素晴らしい。ナショナルギャラリー の作品レオナルド・ダ・ヴィンチ 「岩窟の聖母」クロード・モネ 「睡蓮」 ゴッホ 「ひまわり」 ジョルジュ・スーラ 「アニエールの水浴」 セザンヌ 「Les Grandes Beigneuses」 ヤン・ファン・エイク「アルノルフィーニ夫妻像」〔1434年〕 ミケランジェロ「キリストの埋葬」〔1510年頃〕〔1503年頃〕 ハンス・ホルバイン「大使たち」〔1533年〕 ヨアキム・ビュッケラー 「Four Elements」 ルーベンス「シュザンヌ・フールマンの肖像」〔1622年頃〕 フェルメール「ヴァージナルの前に立つ女」〔1672年頃〕 フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」〔1675年頃〕 ホッベマ「ミッデルハルニスの並木路」〔1689年〕 ウィリアム・ホガース「エビ売りの娘」〔年代不詳〕 ターナー「雨、蒸気、速度」〔1844年〕 フランス・ハルス 「Vanitas」 ジョン・コンスタブル「干し草車」〔1821年〕 ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 「ボッカチオとアリアドネ」 トマス・ゲインズバラ 「アンドルーズ夫妻」 ディエゴ・ベラスケス 「鏡のヴィーナス」 レンブラント 「自画像」他 ウッチェロ「サンロマーノの戦い」〔15世紀中頃〕 ラファエロ・サンティ 「Pope Julius II」 サンドロ・ボッティチェッリ 「Venus and Mars」 ピエロ・デラ・フランチェスカ「キリストの洗礼」〔1450年頃〕 など。

ウフィツィ美術館

イタリアのフィレンツェにあるイタリアルネサンス絵画で有名な美術館。ウフィツィ美術館〔Galleria degli Uffizi〕ウフィツィ美術館には、当日入場の人はなかなか入れない。イタリアは、防災条例で、一度に600人以上は美術館への入館が制限されてるらしいので事前予約することで、別の列から優先的に入れる。掲げてある絵画はどれも素敵。1591年より部分的に公開され、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つです。またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものです。1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されている。メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫です。展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラファエロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されている。ピエロ・デラ・フランチェスカ 「ヴィーナスの誕生」〔1486年頃〕サンドロ・ボッティチェッリ 「東方三博士の礼拝」〔1479年〕サンドロ・ボッティチェッリ 「受胎告知」〔1475年 - 1480年〕レオナルド・ダ・ヴィンチ 「東方三博士の礼拝」〔1481年 未完〕レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」〔1490年頃〕サンドロ・ボッティチェッリ 「東方三賢王の礼拝」〔1504年〕アルブレヒト・デューラー 「ヒワの聖母」〔1505年 - 1506年〕ラファエロ・サンティ 「教皇レオ10世」〔1517年 - 1518年頃〕ラファエロ・サンティ 「聖家族と幼い洗礼者ヨハネ〔トンド・ドーニ〕」〔1503年 - 1504年頃〕ミケランジェロ・ブオナローティ 「アダムとイヴ」〔1528年〕ルーカス・クラナッハ 「ルターの肖像」〔1529年〕ルーカス・クラナッハ 「ウルビーノのヴィーナス」〔1538年〕ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 「若きバッカス」〔1589年〕カラヴァッジョ 「イサクの犠牲」〔1590年〕カラヴァッジョ 「サンタ・トリニタの聖母」〔1285年頃〕チマブーエ 「オニサンティの聖母」〔1310年 - 1311年頃〕ジョット・ディ・ボンドーネ 「東方三博士の礼拝」〔1423年〕ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ 「受胎告知」〔1450年頃〕アレッソ・バルドヴィネッティ 「聖母子と二天使」〔1457年頃〕フィリッポ・リッピ 「聖母子」〔1460年頃〕アレッソ・バルドヴィネッティ 「キリストの洗礼」〔1468年〕 アンドレア・ヴェロッキオ - レオナルド・ダ・ヴィンチが天使を書き、ヴェロッキオが断筆を決意した絵として有名 「妻の肖像」〔1468年頃〕ヤン・ファン・アイク 「メダルを持つ若者の肖像」〔1475年〕サンドロ・ボッティチェッリ 「婦人の肖像」〔1475年頃〕アントニオ・ポライウォーロ 「春〔プリマヴェーラ〕」〔1476年 - 1478年〕サンドロ・ボッティチェッリ 「ウルビーノ公夫婦の肖像」〔1485年〕