世界の美術館

世界の美術館

21.4.06

ナショナル・ギャラリー

ロンドンのナショナルギャラリー〔The National Gallery, London〕は、イギリスでは大英博物館に次いで有名な美術館です。パリのルーヴル美術館オルセー美術館のように大きくはありませんが、中へ入ってみると、充実した作品の数々に驚きました。しかも、ナショナルギャラリーは入場料が無料なのです。ロンドンへ行ったら是非、足を運んでみてください。トラファルガー広場に面し、イタリア・ルネサンス、オランダ絵画などの充実したコレクションが素晴らしい。ナショナルギャラリー の作品レオナルド・ダ・ヴィンチ 「岩窟の聖母」クロード・モネ 「睡蓮」 ゴッホ 「ひまわり」 ジョルジュ・スーラ 「アニエールの水浴」 セザンヌ 「Les Grandes Beigneuses」 ヤン・ファン・エイク「アルノルフィーニ夫妻像」〔1434年〕 ミケランジェロ「キリストの埋葬」〔1510年頃〕〔1503年頃〕 ハンス・ホルバイン「大使たち」〔1533年〕 ヨアキム・ビュッケラー 「Four Elements」 ルーベンス「シュザンヌ・フールマンの肖像」〔1622年頃〕 フェルメール「ヴァージナルの前に立つ女」〔1672年頃〕 フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」〔1675年頃〕 ホッベマ「ミッデルハルニスの並木路」〔1689年〕 ウィリアム・ホガース「エビ売りの娘」〔年代不詳〕 ターナー「雨、蒸気、速度」〔1844年〕 フランス・ハルス 「Vanitas」 ジョン・コンスタブル「干し草車」〔1821年〕 ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 「ボッカチオとアリアドネ」 トマス・ゲインズバラ 「アンドルーズ夫妻」 ディエゴ・ベラスケス 「鏡のヴィーナス」 レンブラント 「自画像」他 ウッチェロ「サンロマーノの戦い」〔15世紀中頃〕 ラファエロ・サンティ 「Pope Julius II」 サンドロ・ボッティチェッリ 「Venus and Mars」 ピエロ・デラ・フランチェスカ「キリストの洗礼」〔1450年頃〕 など。

1 Comments:

Blogger Ronan Jimson said...

This comment has been removed by a blog administrator.

5:05 AM  

Post a Comment

<< Home